自分の人生をデザインしよう  

そろそろ本気で『自分』 について考えてみませんか? 自分と向き合うことで、充実した人生をつくる ヒントが見つかります。

『鬼滅の刃』は、なぜ人気?

f:id:ace88:20201224233510j:image

 

こんはんは。

12月に入ったと思ったら、あっという間にクリスマスがきてしまいました。

慌ただしく毎日が過ぎてささまい、久しぶりの投稿になってしまいました。

 

さて、今日は、『思いを繋げる』ということについて、『鬼滅の刃』を例にお話しようと思います。

 

鬼滅の刃が今年話題となり、私の息子も読んでいます。

息子に強引に勧められ私も読みましたが、

なぜこんなに人を惹きつけているのか考えてみました。

 

このお話は大雑把に言うと、人間が力をあわせて、心を一つにして鬼を倒すというお話しなのですが、ひとりひとりの鬼や人間にそれぞれのドラマがあり、そのストーリーには、苦しい過去が決まってついてくるのです。

 

苦しい過去の悲しみや苦しみをとても大きな力に変えているのです。

 

そして、それぞれの力を合わせたときに、とてつもなく大きな力となって、目的を果たすこととなります。

 

それぞれの力を合わせる時には、一人ひとりの思いを誰かが受け入れて理解することで、他の人へも伝わっていきました、

 

そう、思いを繋げることで、大きな力に変えていったのです。

 

こういった話に、今、皆が魅了されるのは、

コロナという不可解な敵に出会い、不安でいっぱいな世の中で、大切な思いを繋げることが、とても大事だと感じているからなのかもしれません。

 

 

ある人の苦しい思いを知ることで、いたわりの気持ちや優しさが、にじみでてくるともあるでしょう。

そうした優しさは、他の人へと伝わっていきます。

 

コロナという敵に対して、人々は、優しさという武器でまとまることで、身を守りたいのかもしれません。

 

優しさ、思いやり、助け合い

 

よく聞く言葉ではありますが、これらを意識して生きている人は案外少ないかもしれませんね。

でも、本来、人が生きていくうえでとても大切なことなのだと思いませんか?

 

鬼滅の刃の主人公は、まさにこれらをいつも考えている人なのです。

 

この作品に皆が魅了されているのは、危機的な状況の最中で、優しさや思いやり、助け合いの心を持ちたいと、人々が本能的に求めているのかもしれません。

 

みなさんは、優しさに包まれたいと、思いませんか?

 

私は、強くそう思います。

そして、安堵感を手に入れたいと、強く願っています。

 

 

 

人生での役割は一つではない②

f:id:ace88:20201204002901j:image

こんばんは。あっという間に12月になり、今年もあと1ヶ月となってしまいました。

 

今年は、コロナで大きく生活が変化し、対応に追われて慌ただしく過ぎてしまった方がほとんどではないでしょうか。

 

さて、今回は前回の続きとなりますが、人生での役割について、また別の視点から考えてみたことをお伝えします。

 

前回は母親としての役割についてでしたが、今回は、子(娘)としての役割についてです。

 

現在、私は高齢の両親と同居しており、

『老い』と、毎日起こる変化に娘として向き合っています。

 

両親の『老い』は、今まで経験したことのない悲しさと寂しさをを感じます。

 

娘として、それは受け入れなくてはいけないことですので、毎日が葛藤の日々です。

 

老いて欲しくないという思いと、誰しもが必ず経験することなんだという思いの狭間で心が揺れ動いているのです。

 

ですが、そんな思いを抱きながらも、日常は過ぎていきます。生活をしなくてはなりません。

 

母は、以前はできていた料理でも、少しずつ出来ないことが増えてきました。

 

『娘として母に何ができるだろうか』

そう思った時に浮かんできたのは、

 

一緒に過ごす時間を大切にしよう、という思いでした。

 

いつかは一緒にいられなくなる、であるならば、母との時間を一瞬一瞬大切に過ごすことが

一番なのではないかと思いました。

 

大切にするというのは、例えば一緒に料理をしたり、出かけたり、庭の掃除をしたりと、本当に普通の日常生活をしながら、それができることに感謝をするのです。

 

今、この瞬間は、二度と戻りません。

ですから、一緒にいられる幸せをかみしようと決めました。

 

娘の役割、、母親の役割、それぞれの役割をバランス良くこなしていくことが、人生をより良く生きることに繋がると私は思っています。

 

みなさんも、自分の人生の役割について、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

二度と戻らない時間を、幸せでいっぱいにしませんか?

 

 

 

 

 

人生での役割は一つではない

f:id:ace88:20201114170420j:image

こんばんは。

またまたしばらくぶりになってしまいました。

読者のみなさまには、引き続ききていただけて、とても感謝しております。

 

さて、ここのところ、私は人生での役割をいくつも担っているなぁと感じる毎日です。

 

と、いいますのは、私は、ある1人の女性でありますが、それだけではなく、現在、組織の一員としての職業人であることや、母として息子を育てる役割と、高齢の両親のお世話をする娘としての役割の、大きな3つの役割があります。

 

どれも私ですが、その役割によって、周りの人への接し方が変わってきます。

そして、一番適した接し方を意識する必要があります。

当たり前といえば当たり前ですよね。

でも、改めて意識しながら過ごしている人は少ないのではないでしょうか。

 

 私自身は、息子の中学受験や両親の老いに対応するためには、これらをきちんと意識することが、とても重要だと感じています。

 

 

ではまず今回は、母としての役割について、お話ししようと思います。

 

 

息子は、来年2月に中学受験を控えており、追い込みに入ってきました。

それまでも親子の間では、いろいろなやりとりがあり、そのひとつひとつの関わり方は試行錯誤の毎日です。

勉強をやらせるにも、伝え方がとても難しいと感じる日々です。

 

そんな息子は、どのくらい1人でできるのか、また、出来ないことは本当にできないのか、またはやる気がないだけなのか、そのあたりが正直よくわかりません。

 

 

そういった状況で一番難しいと感じるのは、子供に任せっきりでもダメですし、かまいすぎてもダメだというところです。

 

ちょうどいいさじ加減でこれらを調整することこそが、母親の役割の一番大切なところなのでしょう。

 

 

 こうした母としての役割をこなす中で、気づいたことがたくさんあります。

例えば、子供に対するさじ加減の必要性は、キャリアコンサルティングをする上でも同じことが言えるのです。

 

クライアントに対して、援助しすぎてしまうと依存の傾向がでますし、任せっきりでもなかなか自分で行動できなかったり、うまく事を運べないこともあります。

こうならないためには、クライアントへの支援は絶妙なさじ加減が必要なのです。

 

 いずれにせよ、当人がやりたいと思い、意思決定をして行動できるように支援をするということは、いわゆる、『母としてのスタンス』がとても大切だということに気づきました。

 

このように、私の母としての経験は仕事に役に立つことがあり、また、仕事でのキャリアコンサルタントとしての役割が、母親業に役に立つこともあるため、いいサイクルで人生の役割を果たしているなあと、実感する日々なのです。

 

さて、みなさんは現在、人生においてどんな役割を担っていますか?

 その複数の役割を相互に活かしあって、いいサイクルで人生をつくっていけるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

素直さという強み

 

f:id:ace88:20201017211016j:image

 

こんばんは。

 

ここのところ、私生活が忙しく、少し久しぶりになってしまいました。

なるべく定期的に書いていきたいという気持ちはあるのですが、なかなか実行するのは難しいですね。

 

でも、ブログを書かなくては、、というプレッシャーを自分にかけてしまうと、始めた頃の、『自分の思いを誰かに伝えたい』という純粋な思いから外れてしまいそうになるので、こんな時もありかも、と思うようにしています。

 

さて、今日、私の中に浮かんだ思いは、

「素直さ」という強み

 

についてです。

 

子供の頃から、よくご両親から、「もっと素直になりなさい」

と言われていた方もいるかもしれませんが、親となった私自身も、

よく息子に言っている言葉です。

 

では、素直とは、どういうことでしょうか??

私が思うに、

 

「他人の言うことをすんなり受け入れ、自分の中のに良いこととして吸収すること」 

 

だと思うのです。

 

人は、幼い頃は比較的素直だと思いますが、成長とともに自我が芽生え、自分自身の価値観も固まっていきます。

そうなると、他人の言っていることや、考え方になかなか共感できなかったり、自分の思いや、やりたい方法などを譲れなくなってくることも増えてきます。

 

それ自体が悪いわけではありませんが、度を越えてしまうと、次のような弊害が出てくる場合があるかもしれません。

 

・相手とのコミュニケーションがうまくとれない。

・信頼関係が築けない。

・自分を成長させることができない。

・挫折から立ち直ることができない。

 

 

考えれば、もっといろいろあると思うのですが、とりあえず、すぐ浮かんだのは上記のようなことです。

 

違う意見についてや、考えは、自分にはない考え方であるため、積極的に取り入れ、吸収できるものは自分のものにしてみる。

 

ですから、素直に受け入れる姿勢、は、自分の成長にとても有効であると共に、様々な困難にも柔軟に対応できるようになるのです。

 

もしも、取り入れてみて自分にあわなければ、良い部分だけでも利用してもいいと思います。

 

または、とリあえず言われた通りにやってみるというのもいいでしょう。

それでうまくいけばラッキーなのですから。

 

自分のこだわりや、やり方に固執しすぎて、頑固になってしまうことなく、

しなやかな心で物事をとらえる。

 

そして、意地や見栄をはることなく素直になれることは、最大の強みだと私は考えます。

 

みんさんも、なるほどね~。それもありかもしれない。」という言葉を意識的に使って、『素直さ』を身に着けてみませんか?

 

 

 

『幸せ』って?

f:id:ace88:20201004191725j:image

こんばんは。

 

10月に入り、とても涼しくなってきましたね。

キンモクセイが香る夜風がとても心地よく、なんだかとても贅沢な時間に

感じられます。

さて、みなさんは、どんな秋をお過ごしでしょうか。

 

10月は私の生まれた月で、一年で一番大好きな時期なのですが、

みなさんも、生まれた月に何かしらの思い出がつまっているのではないでしょうか。

 

私にとって10月は、季節を色濃く感じやすく、なぜか五感がフル活動するのです。

 

昼はさわやかな風を感じ、ただ歩くだけで楽しい気持ちになります。

月の光も済んで見え、虫の声も耳に心地よく、夜風はとても贅沢な気分にさせてくれるのです。

 

特別なことがある日でもなく、何気ないその日のすばらしさに、感謝の気持ちがあふれてくるのです。

一度あふれた感謝は止まりません。

 

息子がただいてくれるだけで、父や母が元気でいてくれるだけで、犬が愛らしくしっぽをふってくれるだけで、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

すると、何かが足りない、欠けている、という思いはその瞬間に消え、全てが満たされていると感じます。

 

きっとこの感覚が『幸せ』なのでしょう。

 

 

人それぞれ幸せは違うとは思いますが、『幸せ』は、失ってみて初めてわかる、ということはみなさんも経験がありますよね。

 

ですから、毎日の中で、すべての「存在すること」への感謝の気持ちを忘れないでいたいものですね。

 

たとえ、一緒にいなくても大切な存在もあります。

それは普段意識しないと気づけない存在かもしれません。

 

こんな風に、大切なものや小さな幸せに目を向けて、心の中を自分自身で満たすような考え方を、これからも意識していこうと思う一日でした。

 

 

人間関係は信頼関係

f:id:ace88:20200922233834j:image

 

こんばんは。

 

人の悩みで人間関係の悩みは尽きることがありません。

それは、人間社会で暮らしている以上は避けられないことでしょう。

 

今までに人とのかかわり方で、なかなか思うようにいかないということがあったかと思います。

 

では、あなたはどのように乗り越えてきましたか?

もしかしたら現在もそのような状態が続いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

では、乗り越えてきた方と、その状態が続いている方では何が違うのでしょうか?

 

 

もちろん、それぞれのケースが違うの、で比べることはできないのかもしれませんが、私が思う違いとは、

 

相手との信頼関係が築けるのかどうか

築けないと思った時の気持ちの切り替え 

 

の違いだと思います。

 

 

相手を信頼することができて、相手から信頼される関係があれば、多少のことはよしとできるものです。

また、信頼関係は、肉親であっても築くことができない場合もあるでしょう。

 

そこで、自分が相手と信頼関係を築く努力ができるのかどうかがカギになってきます。

 

この人とどうしてもうまくやっていきたい、という強い思いがあれば、その努力を惜しまずにできると思いますが、果たしてその必要がある人なのかどうか、、、

 

そんな風に悩んでしまうような相手に不満を持ち続け、結局その関係性は変わらずにいることはないでしょうか?

 

 

ですから、考え方の切り替えが必要になってくるのです。

 

まあ、そんなに簡単に考え方を切り替えるのは難しいことですよね。

でも、やってみる努力はしたことがあるでしょうか?

 

そんなにうまくいくはずはない、と考え方を切り替える努力をやめてしまってはいないでしょうか。

 

考え方は、訓練で少しづつ変えられると私は信じています。

 

 

ですので、人間関係をうまくいくようにするには、信頼関係をつくる努力ができるのか、考え方を切り替える努力ができるのかの、どちらの努力を選ぶのかになってきます。

 

 

考え方を切り替えるとは、その人との関係を自分の範囲の外側にいると考えるのです。

以前お話しした『心の距離』で述べていますが、その人がたとえ近くにいても心の距離を少し遠くへ離すのです。

 

そうすることで、自分と切り離して考えることができるようになるでしょう。

 

 

人間関係は、信頼関係があってこそ良好になります。

 

 

さて、あなたは、どちらの努力を選択しますか?

 

今日もイイ感じ!

 

f:id:ace88:20200914163800j:image

 

こんにちは。

 

暑さもようやく和らぎ、日中も秋を感じるような風が吹きはじめましたね。

私は10月生まれのため、秋になってくるとととてもワクワクしてきます。

 

 

ワクワクといえば、みなさんはどんなことにワクワクしますか?

 

 

最近ワクワクすることがないなぁと感じている方もいるかもしれませんね。

でも、子供の頃はいろいろなことにワクワクした記憶はありませんか?

 

多分それは、知らないことを知る喜びや、好奇心、初めての体験、などがあるかもしれませんね。

 

ですが、大人になってからは初めての体験が少なくなっているかもしれません。

また、初めてであっても自分の興味があるものとは限らないですし、初めてだけど以前にも似たような経験はあった、なんてことがあるかもしれませんね。

 

では、どうしてたら幼い頃のようにワクワクできるのでしょうか??

まあ、無理してワクワクする必要があるわけではないのですが、退屈な毎日を過ごすよりは、ワクワクした方が一日を有意義に過ごせると、私は思うのです。

 

私の場合はといいますと、意識的にワクワクを探しています。

意識的に探すことになれると無意識に探せるようになります。

 

では、どんなワクワクを探すのかというと、心が喜んでいる感覚をまずは体験します。

 

心が喜ぶとはどういうことかと申しますと、簡単に言えば、

 

 

「なんかイイ感じ~」 という感情です。

 

この感情を集めることで、ワクワク感が育っていきます。

 

例えば、今私は、ジャスを聞きながら記事を書いていますが、

まさしく「イイ感じ」な気分です

 

そして、ジャズっていいな~、という思いが、ジャズはピアノだと落ち着くなあ、

でもサックスもいいな、とあれこれ思いが出てきます。

やっぱり落ち着いて仕事をしながら聞くにはピアノがいいな、

落ち着くといえば、ギターの音色もおちつくなあ、、、ギター弾いてみたいなあ。

 

と、ここまで思考が発展し、 『ギターを弾いてみたい』というワクワクした思いになるのです。

 

このような、『イイ感じを体験する連想ゲーム』は心を喜ばせるのにとても有効です。

 

最初は意識してやってみてください。

できれば、紙に書いたり、スマホにメモしたりでもOKです。

 

ただ、『イイ感じ~』を連発するだけでもイイ感じになれます。

 

 

みなさんも、『イイ感じ』をたくさん集めて、ワクワクを育ててみませんか?

 

きっと有意義な一日をすごせますよ。